現金化はばれない?

HOME » 現金化ガイド » 現金化はばれない?

現金化はばれない?

よく「クレジットカードの現金化はばれない?」という疑問を持っている人を見かけますが、これは実際のところどうなのでしょうか?
ここではクレジットカード現金化のばれるリスクについて考えていきますので、これから現金化をしたいと思っている人は参考にしてください。

はじめに大前提として覚えておかなければならないのがカード会社はクレジットカードを現金化目的で使用することを禁止しているという点で、これはどのカード会社でも同じです。
規約等を見ると必ず記載されているはずなので、詳しくはそこをチェックしてみましょう。
カード会社にばれてしまうとクレジットカードの利用停止になり、場合によっては強制的に解約させられることもあるかもしれません。
そうなると信用情報機関にその旨が記録されてしまいますから、その後のクレジットカードの利用はもちろん、作成やキャッシング、ローンの審査にも影響が出ることが懸念されます。

しかしこれはあくまでもばれてしまった場合で、カード会社も誰が現金化目的で利用しているかを特定するのはよほどのことがない限りしません。
たとえばクレジットカードで買ったブランド品を気に入らなかったからブランドショップに売ったとしても、カード会社はそれを転売目的だとは思わないでしょうし、それを発見しようともしないでしょう。
またそれがたとえ転売目的であったとしてもそれは本人にしかわからないことですから、明らかな転売行為と分かるまでは利用停止にはしないはずです。
転売目的が明らかになるまでにはよほどの回数を繰り返さなければいけませんし、あまり現実的な話ではありません。

さらに専門の業者を利用して現金化する場合は、まずカード決済で商品を購入し、その商品についているキャッシュバックを受けるという名目なのでカード会社側にもばれないでしょう。
したがって個人でやるより安全に現金化するなら専門の業者を利用するのが一番だと思います。