クレジットカード現金化の違法性

HOME » 現金化ガイド » クレジットカード現金化の違法性

クレジットカード現金化の違法性

クレジットカード現金化に関する話をするときに必ず持ち上がるのが「違法性はないのか?」という点で、これは長らく議論され続けていますがいろいろな見解があります。
実際にカード会社側はクレジットカードの現金化目的の利用を禁止していますし、現金化目的であることがばれてしまった時点で利用停止になることは間違いありません。

しかし現実的に考えるとカード会社側が利用停止するくらいの状況はよほどのことがない限りないと言えますし、かなり悪質な使い方をして誰かに被害を与えない限り法的処分を受けることは考えられません。
というのも、たとえばクレジットカードで新幹線の回数券を購入したとして、それが間違いだった場合にチケットショップで換金したというケースがよくありますが、これもはたから見れば現金化にあたる行為です。
ただこういったものまでいちいち取り締まるのは不可能ですし、そんな状況になってしまえばクレジットカードの利用自体しにくくなるでしょう。

クレジットカードを使うメリットは現金を持たず気軽に買い物ができる点にあるのに、それができなくなってしまえばカードを使う人も減りますし、当然カード会社側への悪い影響もあるはずです。
そうなってしまえばデメリットがあるのは消費者ではなくカード会社ですから、ある程度のラインまでは黙認すると思います。
ただし明らかな現金化目的であることが明確になった場合は別で、たとえば何度もチケットを購入しては転売していたことが分かると利用停止になる可能性は高いでしょう。

したがって現金化するときには個人でやるのではなく、専門の業者を利用するのがおすすめで、この場合指定された商品を購入してそのキャッシュバックを受けるシステムになっていますから、名目上はショッピングということになります。
専門の業者は利用停止にならないためのやり方を心得ていますので、何度も利用できますしリスクも少なく済みますからおすすめです。